扶養について考える

家族の経済的機能として、忘れることのできないのが、扶養義務です。
結婚が成立して、まず発生するのが夫婦の扶養義務である、といってもよいでしょう。民法が定めているのは、夫婦祁互の扶助ですが、この規定がふつう、夫は妻を養わなければならない、というように解釈されていることは、すでにくり返し述べてきたとおりです。
もちろん、その解釈はげんみつにいって正しいものではなく、夫に経済能力がなく妻にそれがあるばあいには、安が夫を養わなければならないことになるのです。
たんに夫婦間だけでなく、民法に定められている扶養義務は、すべて相互的であることも知っておく必要があります。夫婦以外にそうした義務が課せられているのは、直系血族と兄弟姉妹であり、家庭裁判所が特別の事情ありと認めたばあいは、いわゆるオジさん・オバさんや、オイ・メイとのあいだにも義務が生ずることになっています。
新しい出会いが結婚相談所 比較 で、あったらここで紹介したことを気にしてみてください。
結婚にあたって、夫婦間はともかく、このような広範囲の親族をも含めて、新しく扶養義務が生ずることを考慮にいれるひとは、おそらくいないにちがいありません。しかし、それは、現代の結婚に対する正しい判断をあやまるもととなるでしょう。
もちろん、じっさいには、ただちにその必要が生じることはまれであるかもしれません。
しかし、結婚が家族制度であるということ、そしてその家族制度がいかなることを要求するものであるかが、この扶養義務にはっきりあらわされているということをわきまえているかいないかは、結婚を成功にみちびくか否かを決定する重要なカギとなることもあるのです。


「動物好きのオンナはモテる」はホント?

犬派より、猫派のオンナはイイ女

最近、「動物嫌い」な人って多いよね。
そもそも「動物が嫌い」な人って、動物からも好かれてないんじゃないかな。だって、動物にも人を見る目があるから。
「動物好きのオンナは、動物からも好かれる=性格がいい」という図式は成り立つかもしれない。
さらに、オレの実体験からしても、「動物園に行こう」っていう女の子は、いい子が多かった気がする。そういうことからも、オトコの好感度は高いよね。
たとえば、捨て猫がいて、それを見て見ぬふりをするオンナって、誰がどう見ても「性格がいい」とは思えないでしよ?
犬が近寄ってきて、「毛がつくから来ないで!」なんていうオンナも、やっぱりオトコはドン引きするよ!
そう考えると、動物好きのオンナはやっぱりモテるとオレは思う。まあ、動物アレルギーの人もいるから一概には言えないけどさ。
逆に、つき合っているカレに「動物園に行こう」って言ってみるのもいいと思う。そこで「オレ、動物嫌いだからさ」なんて言われたら……女の子だって、引いちゃうよね。
つまり、オトコもオンナも同じ理由で、動物好きは好感度が高いっていうことを示しているんじゃないかな。
そうそう、「犬派か?猫派か?」で、恋愛傾向も分かってしまうんだょ。
犬派は、見返りの愛を期待するタイプ。ほら、犬って愛情を与えた分だけ、自分に返してくれるでしよ?
逆に、猫派は、与える愛が好きなタイプ。猫はきまぐれだからね。要するに、動物好きのなかでも、猫派のオンナはイイ女だと個人的に思う。
似たような定説で「子供好きのオンナはモテる」というのがあるけど、やっぱり子供好きなオンナも、オトコからの好感度は高い。
ちょっと前までは、スチュワーデスがモテはやされたけど、今は、保育士のほうが断然モテるらしい。
それって、「優しくしてほしい」「愛を与えてほしい」という弱いオトコが増えている、この世の中を象徴しているのかもしれないね。
あなたは犬派と猫派どっちですか?出会いがない 社会人 ←ここにはたくさんのベストパートナー候補がいます。


オトコは胃袋でつかめ!はホント?

3大欲さえ押さえれば、オトコは絶対に離れない!

オトコにモテようと、料理教室に通うオンナっているよね。たしかに「料理上手」はオトコにモテる。
でも、本当にオトコが望んでいるのは「料理上手」じゃなくて「自分の好みを分かってくれるオンナ」なんだ。
ほら、好き嫌いが多いっていうオトコって結構いるし、カレーライスは甘口じゃないとダメ、なんてオトコも、意外と多い。
また、出身地によっても味の好みって変わるものでしよ? だからこそ、自分の好みを把握してくれるオンナって、非常にありがたい。
そういう意味でも、「オトコは胃袋でつかめ!」という定説はホントなんじゃないかな。でも、オトコをつかむのは胃袋だけじゃない。
胃袋を満たしてくれる食、寝心地のいい空間、癒してくれるSEX。
つまり、人間の三大欲(食欲・性欲・睡眠欲)を満たしてくれるオンナは、オトコにとって離れられなくなる存在。
オトコって、一歩家を出れば、よろいを着た戦士になる。社会という荒波の中で戦わなきゃいけないからね。だからこそ、家の中くらいは、よろいを脱いでくつろぎたい。
そう、オトコがリラックスできるのは、家の中だけだから。家の中だけが、唯一の安全基地であり、安心できる場所。
疲れた身体を癒すことができるのは、家の中しかないんだ。オトコだって、それと同じ。そういうオトコ心を理解してくれるオンナは、すごく貴重だね。
あと、オトコって潜在的に「攻撃する生き物」だから、反撃されることがすごくイヤなんだ。とくに、正論を並べて反撃されるのは、すごく苦手。
逆に、オンナはオトコより「賢い生き物」。頭脳プレーでは、オトコはオンナには敵わない。
だからこそ、「あきらかにオトコのほうが100%悪い」と思っても、「私が悪かったわ」って、謝れるオンナは本当にすごいと思う。
そうやって、オトコのワガママをさらっと流せて、謝ってくれるのって「自分の脳みそまでつかまれてる」という気がするよね。
そんなオンナと出会ってしまったら、オトコは絶対に逃したくないと思うはずだよ。
3大欲を満たせられれば、で、出会ったパートナーはあなたにメロメロです。


「ヤセてるオンナはモテる」はホント?

オトコは潜在的に、オンナの「ふくよかさ」に工口を感じる

キミがダイエットをする理由って、何?多分、「ヤセて、かわいくなりたい」という理由の裏には「かわいくなって、モテたい」という本音があるからだよね。
でも、「ヤセているオンナがモテる」なんていうのは、オンナの価値観でしかないんだ。
もちろん、オトコもオンナも異性を「性の対象」として見ているのは、当たり前のことだから、分析的に相手を判断することはある。
だけど、オトコがもっとも心を動かされるのって、潜在的なもの。
オトコって、無意識的に「オンナのふくよかさ」に目線がいってしまうんだ。それは、胸であったり、お尻であったりするわけなんだけど。
そういうオトコの潜在意識を知らない女の子たちは、「ヤセてる=かわいい」と勘違いしてるから、「ダイエットすればモテる」なんて思ってる。
でもそれは、大きな間違い。たとえば、今人気のモデルとか、浜崎あゆみとか安室奈美恵タイプの子が、AVに出演したとしても、オレは、絶対に売れないと思うね。
だって、脂肪がなさすぎて、全然工口さを感じないもん。
ボヨヨン、ムチムチしているからこそ、オンナらしさを感じるし、だからこそ、触りたくなるんだ。
それなのに、女の子たちは「ヤセたい、ヤセたい」って言ってるよね。
オトコから見たら、「まったくヤセる必要なんてないじゃん」と思う子でも、「えー、私、太ってますよ」なんて。
そういうオンナは、オトコの本心を知らなすぎるね。
本当にモテたいと思うなら、無理なダイエットなんてする必要ない。
オンナはある程度「脂肪」がついているほうがいいんだから!
好きなオトコを落としたいなら、カレの潜在意識に語りかけたほうが、よっぽど早い。
それと同様に、オンナも潜在的に、オトコの「筋肉」に目がいってしまうらしい。
キミだって、オトコの筋肉を見て「オトコらしさ」や「工ロ」を感じてるんじゃない?
痩せるといっても細ければ良いわけではないしね。細すぎて怖い人もいます。あなたは大丈夫ですか?
大丈夫な人はこちらへ→出会い系 サクラいない たくさんの出会いが待っています。


内的コントロールを高めるエクササイズ3

パズル合わせ

内的コントロールを高めるためのもう一つのエクササイズは、少々、幼稚に思えるかもしれませんが、しっかりとしたリサーチの結果、
効果的なエクササイズであることが証明されたものです。新聞や雑誌などによく載っているクロスワード(文字合わせゲーム)などを毎日、
わずかな時間でよいから、やってみます。毎回、最後まで仕上げる必要はなく、ただ、数分間やってみます。数分間でできるところまでやってみます。
その作業をやっている間は、他のことを気にせずすべてのエネルギーをそのことに集中させます。
何日間かは、意図的に、エクササイズに集中するように自分に言い聞かせます。
「これは、私にもやれる」「毎日、仕上げに向かって少しずつ進んでいる」「次は、何を、どうすればいいのかな」などと言い聞かせながら作業に取り組み、
他のことに気をとられず、エネルギーを集中できるように努めます。
毎日、作業を始める前に、前日に仕上げた作業を見直し、正しくやったかどうかを確かめ、間違っているところを直し、「前よりも、よくできるようになったわ。
今日は、前よりもきっとよくできる」と声を出して、自分に言い聞かせます。このエクササイズの目的は、頭を使うプロジェクトを仕上げるのに、
なにも完全さをいつも追求しなくてもよいということを学ぶことにあるのです。つまり、不完全な人間としての自分を認め、受け容れられるようになるというわけです。
また、自身のプライドをとりもどすのに役立つのです。
このエクササイズをやることを多くの女性はいやがります。パズル合わせを一度に全部仕上げられないことが我慢できないからです。
それほど、完全主義者の女性が多いということです。このパズル合わせのエクササイズに夢中になり過ぎたり、逆に、集中してやれないという人は、
このエクササイズはやらない方がよいでしょう。
これまで記した内的コントロールの度合いを高めるためのエクササイズは、どちらかといえば、男性よりも女性にとって価値があると思います。
というのは、男性よりも、外的志向の女性の方が、無力感にとらわれているということがリサーチの結果、明らかになっているからです。
おそらく、あなたが外的志向の強いタイプであれば、同じ外的志向タイプの男性以上に人間関係にまつわる問題に悩まされるにちがいないのです。
掃除などの家事や仕事などで、どうしても完璧にこなしたいと思っていると、結婚相談所 選び方 で、出会った人たとえ相性がぴったりであっても、
相手への要求がレベルの高いものになりかねません。気を付けましょう。


内的コントロールを高めるエクササイズ2

デパートでの実験
内的コントロールを高めるための心理学的実験をやってみましょう。他人の反応は自分の行動によって影響されることを確かめるためのアクション・エクササイズです。
これをやるには一時間ぐらい必要です。書きとめるノートを持って、近くのデパートに出かけます。役者になったつもりで出かけましょう。
まず、どういう行動をとるかをあらかじめ決めておいてから、売り場に行って店員にアプローチします。そして、自分の行動に対して相手が示す反応をノートにメモします。
それぞれ異なった能度、行動で三回アプローチします。一回目は、好意的にアプローチ。
顔に笑みを浮かべ、足並みも軽く、店員に近づき目を見ながら元気よく、挨拶します。「こんにちは、探しているモノがあるんですが、一つ、手伝っていただけませんか?」
と語りかけます。そして、その店員さんに、その値段がいくらぐらいかを尋ねます。
二回目は、怒った態度でアプローチ。口唇を結んで、前に突き出し、顔にしわを寄せ相手の目をにらみつけながら、怒った声で、
「こんにちは、って挨拶したいんだけど、私は今日は機嫌が悪いのよ!」と言いながらアプローチします。
三回目は、憂うつな態度でアプローチ。暗い顔をして、肩を落とし、店員の目を見たらすぐそらします。
そして、低い声で「こんにちは、と言いたいんだけど、言ったりすると、そのことで、すべてがうまくいかなくなりそうだから止めときましょう」と言って
アプローチします。
もちろん、三回とも別の売り場でやってみます。終わったら、コーヒー・ショップにでも入って、ノートしたことを見ながら、三回の実験の結果を分析してみます。
あなたの異なったアプローチに対して店員がどういう反応を示したかを比べてみるのです。まったく異なった反応をしたことに気がつかれるでしょう。
好意的なアプローチには好意的な反応をしたと思います。怒った態度のアプローチには、多分、店員はあなたの機嫌をより損ねないようなソフトな反応を示したと思います。
そして、憂うつな態度のアプローチには共感的な反応を示したんじゃないでしょうか。
そこで、なぜ、このような異なった反応を引き出したのか、その原因を考えてみてください。
おそらく、あなたが何をどう言ったか、そして、それを相手がどう解釈したかによって相手の反応が変わるということに気づかれると思います。
すなわち、あなたの行動の仕方が店員の反応の主な原因であると考えてまちがいないといえましょう。
さて、この実験だけでは完全な証明にならないと思いますが、少なくとも、これから、内的コントロールの原理の正しさを学ぶことができるのではないでしょうか。
つまり、あなたがどういう行動をするかによって、相手の反応の仕方が変わるということです。
もちろん、先の実験には、二人の別な人間(あなたと店員)による行動の選択のプロセスがあります。あなたの態度や行動に対する相手の反応は、
相手の態度によっても異なったものとなることも考えられます。たとえば、憂うつな態度のアプローチに対して、その時、店員自身が憂うつな状態にある場合は、
あなたに対する共感的な反応を示すようなことはないだろうと思います。
結婚相手をで、見つけたら、自分の態度に対する相手の反応を確かめてみてください。
今後の人間関係の参考になると思います。